楽天経済圏をほど良く活用する3つのコツ

楽天経済圏とほど良い関係 サービス
スポンサーリンク

こんにちは、都内在住の40代独身会社員のとりっこです
皆さんは楽天ポイントは貯めたりしていますか?

私は今年に7万ポイントくらい獲得しています。とは言っても、それほど楽天市場での買い物は月に1-2回とそれほど多くありません。

  • 買うものの値段も3000円くらいが中心
  • ワイヤレスイヤホンなどのデバイス系をたまに1万円代で購入
  • 楽天ふるさと納税は年に1-2回まとめて数万円使う

楽天市場の買い物がこれくらいの回数でも、年間で数万ポイントは獲得できます。特に無理はせずに、楽天経済圏をほど良く活用するのが大事だと思います。以下の流れで、そのコツを紹介します。

  • SPUポイント倍率を理解する
    (必ず使うサービスを楽天経済圏に移行する)
  • 無理して楽天市場で買い物しない
  • 楽天ポイントは効率よく使う

楽天経済圏という言葉は聞いたことがあるけど、未だ活用したことは無い方は、この記事を参考にしてみてください。

SPUポイント倍率を理解する

楽天ポイントを貯めるためには、SPUポイント倍率を上げることが重要です。楽天市場で同じ金額の買い物しても、SPUポイント倍率が上がれば、貯まるポイントも大きく上がります。

  • SPUポイント1倍の場合:1万円の買い物で100ポイント
  • SPUポイント5倍の場合:1万円の買い物で500ポイント

SPU倍率を上げる方法は16コありますが、全てをクリアする必要はありません。
「はじめに楽天サービスに切り替える設定をするだけで、その後の普段の生活は変わらない」条件だけクリアすれば良いです。

楽天SPU対象

楽天SPU対象サービス(参照:楽天市場)

具体的にオススメのサービスは

楽天モバイル
サービス圏内に入っているのであれば、格安SIMを含めても楽天モバイルが圧倒的にオススメです。
少なくとも1年間は料金は無料になるので、サブ回線として試しに使っててみても良いレベルです。使い勝手としても、月5GBの容量を使い切っても、最大1Mbpsでつなぎ放題なのが大きなメリットです。
楽天銀行+楽天カード(楽天ゴールドカード)
楽天経済圏を活用するのであれば、楽天銀行と楽天カードは必須ですね。楽天ゴールドカードであれば、それだけでSPUポイント倍率が5倍になります。楽天銀行はネット銀行としての機能も問題ないので、サブの銀行口座として使いやすいですよ。
(楽天証券とうまく組み合わせると普通預金の金利もかなり上げれます)
楽天でんき
楽天でんきは、SPU倍率としては0.5倍と少し物足りないですが、切り替える手続きはWEBで申し込むだけなので簡単です。そして、切り替えてしまえば後は何もしないでOKなのでオススメです。WEBから数時間前までの電気使用量がすぐに分かります。自分の電気利用グラフを見るのも楽しいですよw
楽天証券
楽天経済圏で投資をする方は、積立型の投資は楽天証券でするのがオススメです。特に、つみたてNISAを楽天証券で積み立てるのを、楽天カードで支払う設定にするだけで、楽天ポイントが明らかに貯まる状態になります。これも1回設定してしまえば、特に触る必要もないのでオススメです

ここで上げたサービスは、はじめの設定がややメンドウですが、1回設定してしまえば、その後は特別な行動は必要ないです。あとは設定したサービスを自然に使うと、使った分は勝手にポイントが貯まります。また、これらのサービスは利用するとSPUポイント倍率も上がるので、楽天市場での買い物でポイントも多くなるなるわけですね。

必ず使うサービスを楽天経済圏に移行するのが大事なわけです!

無理して楽天市場で買い物しない

「SPUポイント倍率を上げたので、これからは買い物は、なるべく楽天市場を使おう」と思う方も居ますが、無理して楽天市場で買い物をする必要はありません。だって、Amazonの方が安くないですか? Amazonは送料無料で翌日配送してくれませんか?

そのような場合は、私は迷わずAmazonで購入するようにしています。

楽天市場で買い物をするのは、

  • Amazonでは買えないもの
  • 買い物マラソンなどのキャンペーンでオトクなとき

楽天市場そのものではないですが、楽天サービスでの買い物としては、コチラを使っています。

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税は、使う回数は少ないですが、まとめて数万円使うのでポイント獲得としては良いですね。
楽天西友ネットスーパー
楽天西友ネットスーパーは、ほとんど毎週使っています。スーパーに買い物に行くのは野菜を買い足すくらいで、基本はネットスーパーを利用しています。
楽天Pay
外出先での決済手段としては、楽天Payを最優先でつかっています。おもにコンビニでの買い物でこまめに使っている感じですね。

決済手段の優先順位については、こちらの記事をご覧ください。

キャッシュレス時代のコンパクトな財布に変えてみる
こんにちは、都内在住の40代独身サラリーマンの「とりっこ」です 皆さんは、どんな財布を普段は使ってますか? 私は6年前からFelisiというイタリアメーカーの財布「通称コロコロ」を使ってました このコロンとした形がお気...

楽天ポイントは効率よく使う

楽天ポイントが貯まったらどこでポイントを使いますか?
楽天市場の買い物で使う、というのが普通でしょうか。この方法は買い物をする時に獲得できるポイントが目減りするので、実はもったいないです。

一番効率が良いのは、「楽天クレジットカードの引き落とし時に、一部を楽天ポイントで支払う」です。毎月20日頃に楽天e-Naviにアクセスして「ポイントで支払いサービス」から設定するだけでOKです。

楽天ポイントで支払い設定

楽天クレジットカードの引き落としの一部を楽天ポイントで支払う設定をしたところです

ただ、この設定で使えるのは通常の楽天ポイントだけで、期間限定ポイントは使えません。期間限定ポイントを効率的に使うのは、私の生活範囲では楽天Payでの支払いに使うのがオススメです。楽天Payだとポイント払いにしても、1%のポイント還元が付きます。

楽天Payで「ポイントを使う」のチェックをしておけば、期間限定ポイントが優先的に使われます。私は楽天Payでポイント残高を見て、このように使い分けています。

  • 期間限定ポイントがあれば、「ポイントを使う」のチェックを入れて期間限定ポイントを使いきる
  • 期間限定ポイントがなければ、「ポイントを使う」のチェックを外して楽天キャッシュで支払いする

言葉で書くとやや複雑ですが、理解してしまえば難しいことは特にないですよ。

まとめると、楽天ポイントの効率的な使い方はコチラ

通常ポイント:楽天クレジットカードの支払いで使う
期間限定ポイント:楽天Payの支払いで使う

ほど良い関係が適切ですね

楽天経済圏との関係は、「普段から使うサービスを楽天に切り替えて、あとは自動的にポイントが貯まる」くらいがちょうど良いですね。普段の買い物は、頑張って楽天市場を優先する必要もなく、楽天が良かったら利用すればOKです。そして、貯まった楽天ポイントは効率良い方法で使うのがオススメです。

最初は楽天へのサービス乗り換えや設定がメンドウな部分がありますが、それさえ乗り越えてしまえば、特に普段の生活は変わらないのが良いところですよ。

この記事を見て興味があれば、ぜひ楽天経済圏に足を踏み入れてみてください!

参考:楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました