段階的な脱東京を計画していく

段階的な脱東京 ライフ
スポンサーリンク

こんにちは、東京在住の40代独身サラリーマンの「とりっこ」です
2020年はコロナ影響により、リモートワークを続ける生活になってます。私の務める会社は5月25日の東京都での緊急事態宣言解除後もリモートワークを続けており、ほとんど会社に行かない生活になりました

私が社会人になった20年前は、会社員だけど自宅で働く世界が来るとは思ってなかったです

私は都心直下マンションを賃貸で住んでいますが、会社に行かないと「そもそも都内に住む意味あるんだっけ?」という疑問もでてきますよね

今後、リモートワークが続く可能性も高いので、このコロナ影響を踏まえた段階的な脱東京プランを考えています。同じように「脱東京」を考えている方は参考にしてみてください。

リモートワークが普通になったときの住まい

会社員の場合は、今までは平日は会社に行くことが普通だったと思います。そのため、都心の会社へのアクセスが良い場所に暮らすのが便利でしたよね

リモートワークが普通になると、会社へのアクセスが悪くても、自宅の働く環境が整っていれば便利になってきますよね

このように住むに対する価値基準も変わるので、引越し先を選ぶ基準も変わってきます

首都圏から離れて田舎暮らしするのも視野に入れて、このような引越しプランを考えています

現在:会社へのアクセスが良い都心直下のマンション
今回の引越し先:会社からは遠くなるが、広めの都内近郊マンション
1-2年後の引越し先:東京へのアクセスも考慮した地方都市

今回の引越しでは、都内に留まる理由としては、With(After) コロナでの働く環境が見えてくるのに1年くらいはかかると思っているからです

コロナの脅威が収まった場合に、オフラインに強く回帰する可能性もあるため、すぐに地方都市に移住するのは早急かと思っています

「少し様子は見ながら段階的に都心から離れていく」くらいのスタンスが良さそうです

モノを捨てれば引越ししやすくなる

段階的に東京から離れていくプランを考えると、引越しする機会が数回ありそうです。そのためには、引越しやすい状態にしておくことが大事になります

そのためには不要なモノを捨てていくこと

モノが減ると大きなメリットがあり

物件の選択肢が増える
物件に入れるモノが減れば、物件が小さくても大丈夫になります。特にテーブル、ソファなどの大きなモノが減ると、選べる物件の選択肢が増えます
引越しが手軽になる
荷物が減れば、引越し費用も安くなりますよね。また小さいモノも減ると、梱包する手間が減るので引越しやすくなります
引越ししたくなる
モノを捨てると、不思議と引越ししたい気分が高まります。引越しをするためのステップが進んでいる、と感じるからでしょうかね

私は現在の物件に7年くらい住んでいます

もともと、モノが増えない性格だと思っていたんですが、いざ捨て始めると、不用品はびっくりするくらい多かった。。。服など、油断すると増えるんですよね

2ヶ月くらい時間はかかりましたが、モノはかなり減ったので気分も含めて身軽になりました。

服の捨て方や、捨てやすくするコツはこちらの記事にまとめています。

服を捨てやすくする5つの方法
こんにちは、都内在住の40代独身サラリーマンのとりっこです 私の務める会社は、コロナ影響によりほぼテレワークが続いています 会社に近い都心直下から田舎に段階的に移住しようと思っていて、早ければ年内にも1回目の引越しをする予定です ...

不動産価格は常にチェックする習慣

引越し先を探すためには、複数の不動産ポータルで希望する条件の物件を定期的に見るのが良いですね

不動産ポータルとしては、SUUMOLIFULLなどの大手ポータル型と合わせて、不動産ジャパンなどの協会型サイトなどを組み合わせると良いでしょう

多くのポータルサイトは検索条件を保存できるので、定期的なチェックも楽ですよね。

なお、引越しの予定がなくても、自分が住んでいる物件と似た条件で、不動産価格を定期的にチェックするのはオススメです。自分が住んでいる物件が割高だと分かったら、やることは

  • 更新時に家賃交渉をする
  • 近くの適正家賃の物件に引越す

コロナ影響により都内家賃はどうなった(2020年夏)

都内家賃相場は、結果としてコロナ影響はほぼ無いようです
売買物件についても、成約件数は一時的に減りましたが、物件価格(厳密には、面積あたり単価)はそれほど変動しなかったですね(レインズ2020年7月度マーケットサマリ
賃貸物件価格は、売買物件価格よりも遅れて変動するので、さらに変わっていないですね

コロナ禍であろうと、引越しを含めた人の移動はあるため、賃貸不動産の需要と供給のバランスはあまり変わっていない印象を感じます

特におトクという状況ではないので、ある程度の期間は決めながらじっくり選択する、という普通のスタンスで物件を探してみます

引越し検討して思ったこと

この記事を書いている時点では未だ引越しはしていないですが、引越し準備のためにモノを捨て始めると気持ちの変化は感じますね

部屋や収納などがスッキリするのは気分が良いですね。身軽になることで、住む条件の選択肢も広がりました。選択肢が増えて、視野が広がれば、不安なども感じにくくなりますね

ちょっと先が見えにくい時勢だからこそ、引越しの検討と準備をするのは逆にオススメですね

(おまけ)
実際には埼玉県に引越しすることになりました。その時の具体的な物件の探し方は、こちらの記事にまとめています。

リモートワーク時代に脱東京する賃貸物件の探し方
こんにちは、都内在住の40代独身サラリーマンのとりっこです コロナの影響により、皆さんの仕事の環境は変わりましたでしょうか? 私の勤めている会社はほぼリモートワークであり、出社することはほとんどなくなりました。会社に近い都心直下の賃貸マ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました