在宅ワークするならスタンディングデスク導入するべき

在宅ワークならスタンディングデスク 仕事グッズ
スポンサーリンク

こんにちは、都内在住の40代独身会社員の「とりっこ」です
私の務める会社はコロナ影響で在宅ワークとなりました

在宅ワークになって、
家で仕事をする環境を整えました

在宅ワークになってから購入したもので一番に効果があって、満足感が高かったのは、
スタンディングデスクの導入でした

以前よりオフィスでスタンディングデスクを導入した事例がありましたが、
スタンディングデスクは家で使う方がより効果は高いと思っています

スタンディングデスクを3ヶ月使った感想を、以下の流れで解説します

  • メリット1:姿勢が固まらない
  • メリット2:Zoom会議に立って参加できる
  • メリット3:ステッパーと合わせると本格運動もできる
  • 高さ電動可動型デスクにしなかった理由

在宅ワークでスタンディングデスクの導入を考えている方は、参考にしてみてください

メリット1:姿勢が固まらない

在宅ワークになると、時間を効率的に使えます

  • 通勤による移動もありません
  • 社内会議のための移動もありません

一方、座ってPC作業をずっと続けることも多くなりますよね

飛行機に乗るときのエコノミー症候群に近い話で、同じ姿勢を続けていると血流が悪くなるので、体には良くないですよね

スタンディングデスクを併用すると、
気分転換を兼ねて立ちながら作業をすることもできるようになります

姿勢も固まらないので、
肩が凝ることも減った気がします

ちなみに、自分はこのような使い分けをしています

スプレッドシートなどを使った細かい作業は座って集中する
(ノートPCに外部モニタを接続して大画面で作業)
チャットなどのタイピングを中心とした作業はスタンディングを使って立って行う
(ノートPC本体だけで軽やかに作業)

メリット2:Zoom会議に立って参加できる

在宅ワークでの会議はZoomなどを使ったリモート会議になりますよね
スタンディングデスクを使えば、リモート会議にも立って参加できます

座ってじっくり会議に参加するよりも、集中力は上がる気もします

自分が取り仕切る(ファシリテートする)会議の場合は、自然と進行を早めている気がします

あと、細かいですが、
デスクからちょっとだけ離れて立った状態でWEBカメラに映るようにすれば、
不自然な顔のアップが無くなり、セルフビューの見栄えも良くなります
(まあ、オッサンの画面とか誰も気にしない、でしょうが)

長時間の会議や、会議が連続する場合には、
参加しながら移動して椅子に座ったりすれば良いですよね

私は基本的に会議はキライなので、あまり参加したくないですが立って参加できるのなら、まだマシかなという気持ちにはなってますね

メリット3:ステッパーと組み合わせると本格運動できる

スタンディングデスクの足元には、
こちらも在宅ワーク期間中に購入したステッパーがあります

ステッパー

ステッパーを軽く踏んで運動すると、
血液循環して集中力や記憶力が活性化すると言われています

気分転換したいときはステッパーを踏みつつ、
軽い作業をしています

仕事が終わったら、
ステッパーを踏みつつ読書するというのが楽しい時間になります
負荷もボチボチ上げた設定なので汗だくになっちゃいますが

また、今年の長い梅雨の時期には散歩に出かけられなかったので、ステッパーが大活躍しましたね

こちらのステッパーは7万円ちかくと
かなりお高いですが、20分くらい踏み続けても静かなので、マンションなどでも気軽に使えるのでオススメですよ

高さ可動型デスクにしなかった理由

最近のデスクでは電動で高さを変えられるタイプもありますよね
このようなデスクであれば、1つのデスクで座る⇔立つが切り替えられます
お気に入りの高さを記憶できたり便利だと思ったのですが、導入しなかった理由は

スタンディングでの作業スペースは狭くてOK
スタンディング時でも同じ作業環境が欲しければ可動型が良いと思います
しかし、私の場合はスタンディング時は軽い作業をする目的だったので、作業スペースは狭くてOKでした
こちらの大きさは45cm x 70cmであり、ノートPCとランプが置けるので軽い作業スペースとしては不便は感じていないです
スタンディングデスク天板
デスクを交換するのでタイヘン
可動式デスクを導入する場合には、今まで使っていたデスクと入れ替えることになり結構メンドウです
同じ広さのデスクにするには、デスクの天板を買ってネジ穴を開けて、可動式の足を取り付ける感じとなり大作業です
こちらのスタンディングデスクなら、
空いているスペースに設置して終了なのでお手軽ですよね
デスクの昇降を計算したケーブル管理がメンドウ
電動で高さを変える場合は、毎日デスクの高さを40cmとか変えることになりますよね
この動きで問題ないように電源ケーブル類を取り回す必要があって、結構メンドウです
Youtubeなど見ると、ケーブルをまとめるカゴをデスクの下に固定したりしてました
DIYぽくて楽しい気もしますが、あまりそこに労力は割きたくない気分でした
可動型のスタンディングは高価
可動型のスタンディングデスクは、安くても3万円と高価ですよね
私の導入したコチラのスタンディングデスクは楽天で16,000円で買いました
足元のステッパーの方が高価になっちゃいましたが。。。

スタンディングデスク導入して

在宅ワークになって、椅子やディスプレイやWEBカメラを買った方も多いかと思います
それらも作業環境をアップグレードしてくれるグッズではありますが、
スタンディングデスク導入の効果は、それらよりも大きいと個人的には思います

この記事を読んで興味がでたら、
ぜひスタンディングデスクの導入を検討してみてください

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました